フリーダイヤル 0120-18-0014

BLOG

◆Ridge'Line◆

06Oct 2017

お久しぶりです。

冬の足音が近付きつつある北の大地。

朝の白く冷たい息吹と、厚手の衣服に身を包む。

陽の沈みが早く、透き通った夜空と街を染めるネオン。

我が家では、白い湯気を吐き出す鍋の土俵入り。

 

 

 

そんな季節でありますが、雪山登山はしていない私にとっては

登山の長期休暇が迫ってきています。

 

9月30日には大雪山系・旭岳にて初冠雪が確認されました。

もうそろそろ、夏山登山隊から雪山滑降隊にシフトの予定です。

それでもその前に登っておきたいという事で、10月4日に徳舜瞥山に行ってきました!

場所は伊達市大滝区というところです。

近くには北湯沢があります。

 

山麓にはキャンプ場があり、朝7時半頃に到着した際にはバイカーがキャンプしてました。

それを横目に登山口へ。

 

 

雲の切れ間から覗く太陽に照らされた最高のスタート。

しかし風が吹けば肌を刺すような冷たさもあり、しっかり防寒して登りました。

当日は自分達しか登山客はおらず、結局帰りまで誰にも会う事なくの登山となりました。

 

 

「加藤さん、事件です!」某番組の某リポーター風

 

8合目あたりから、雲行きは怪しくなっていたものの、頂上までは大丈夫だと思っていたのですが...

9合目に差し掛かった直後から降雪が始まってしまいました。

本当は、徳舜瞥山からホロホロ山までを縦走する予定でしたが、頂上付近の視界が悪く

この先の天候の予測も付かなかった為に下山を選択しました。

 

 

縦走ができずに残念な気持ちで不完全燃焼でしたが、この季節にしか体験できない山の表情も堪能できましたし

ウィンタースポーツの季節の到来を肌で感じ、ドキドキワクワクできた登山となりました。

 

100%が無いこの世の中で、全員が何かしらのリスクを抱えながら生きています。

登山をするときも、スポーツをするときも、買い物をするときも、仕事をするときも。

何かをすることに必ず付きまとうリスク。

ですが、リスクを減らすためにTPOに応じた判断が大切。

 

この先も、山とは真正面から向き合い続ける事でしょう。

どんな時も、山が発するサインを見逃さず、適時適切な対応を心掛けると共に

人様に迷惑をかけない様に、趣味を極めていく事をブログにて宣言します!!!

山に関する情報などありましたら、杉本までいただけると有難いです。

 

※ちなみに昨日の羊蹄山では、7合目付近から5cm以上の積雪が確認されました。

羊蹄山を登る予定がある方いらっしゃいましたら、お気をつけて!!

 

Ridge' Line 杉本