住宅ローン控除について

皆さん、こんにちは(^^)


コロナウイルスの影響で、お家づくりを中断された方や、
不安を抱えながらお家づくりを進められている方も多いのではないでしょうか??

今回、お家づくりに役立つ情報「住宅ローン控除」
(新築時の場合のみ)について簡単にお話します!
コロナウイルスの影響による変更点を確認して下さい。

住宅ローン控除とは?
住宅ローンを使ってお家を購入したら、
10年間税金が返ってくる制度です。
毎年の年末時点での住宅ローン残高の
最大1%が所得税から還付されます。
消費税増税時に13年間の期間延長が発表されたのは、
ご存知の方も多いと思います。

【期間延長された部分】
居住年から11~13年目は次のいづれかの低い金額
〇住宅ローンの年末残高×1%
〇(住宅購入、新築時等にかかった建物の取得金額-消費税)×2%÷2
※いづれも「4000万円×1%」が上限額


その3年間の減税期間延長が適用されるのも、
本来は年内(2020年12月31日まで)の入居が条件でした

しかし、延長が適用されるためのご契約日やご入居日の期限が延長されました。

check!契約日、ご入居日の変更点

※国土交通省HPより抜粋

POINT①住宅ローンの控除期間が10年→13年
           (期限が本年度末だった)
POINT②2020年12月31日入居
            →2021年12月31日入居に延長
POINT③2020年9月30日に契約が条件

つまり、2020/9/30迄のご契約で入居日期限が
1年間延長されましたという内容です。

お家づくりを中断されている方にとって、
少しでも安心いただける対応であったと思います。
しかし、契約期限にご注意い下さい!

CLOSE