新たな命

今回は私事の内容になります。

時は少しさかのぼり~
9月5日が予定日だったのですが、お母さんのお腹の中が居心地がよかったのか
まだまだ出てくる気配がなかったんですよね。
こちらはソワソワしてるんですがなかなか陣痛も来なくて二人して「あれ?」
その後の月曜日の病院の日もまだ・・・・先生も苦笑いw
これは入院して来週の月曜日コースか?と考える私。
また金曜日に病院で確認しようねとなってその時は帰宅。
毎日お腹に「もう出てきて大丈夫だよ~。準備オッケーだよ~」と喋りかけていましたw

そんなこんなで木曜日の夜
「お腹痛くなってきたかも、、、1時間おきくらいだけども・・・」

きたか。ついにきたか。
ただ、1時間間隔だとまだまだなんですよね・・・
奥さんには申し訳なかったけどもいつでも出陣できるように1階に布団を敷いて
その夜は就寝。その時を待ちました。

金曜日の朝5時くらいに10分間隔になってきたとのことで病院へ電話。
そろそろかもということもあり、入院グッツをもっていざ病院へ!
検査の結果は・・・・「前とあんまり変わってないねぇ」

あ、あれれ??

その日は仕事があったので奥さんを家に送ってから職場へ。
その時はまぁ気になって気になって一人でそわそわしてました。

帰宅してからも痛みも強かったり弱かったりでやっぱりまだなのかなぁと話をしており、
その日も1階で待機&就寝。

そして運命の土曜日を迎えます。

朝は奥さんの痛いとの声で起床。昨日のこともあり、まだなのかなぁと思っていましたが、
痛さの強さも全く違うって言ってたので急いで病院へ。
送った後に車で待機してました。(院内はコロナ対策のため基本的にはロビーまでしか入れません)
そうすると奥さんから電話が。
「もう7センチ開いてるから今日産むことになったけどまだかかるから一回お家に帰って待ってて」
との事。途中陣痛もきていたので看護師さんともお話して、いろいろな準備ができたら
また電話をくれるとの事に。
(いよいよかぁ・・・・)
胸が高鳴る反面、不安でもありました。こういう時に一緒にいてあげられないのはちょっと悲しかったです。

急いで職場へお休みをいただく連絡とそれぞれの親へ連絡して家に帰りました。

待ってる間は何をしていいのやら。とりあえず何かやろうというものの思いつきませんよねw
幸いにも土曜日仕事休みの友達が多かったので、ちょっと電話して話を聞いてもらったりして
落ち着かせてもらいましたwありがとう!!

お昼ご飯食べようかと思ってパンを切っていた時に奥さんから電話!
「いたいーもう産まれるからーきてーお茶買ってきてー」
(あ、これもう産まれるやつだ)
お昼ご飯のことは忘れて病院へ向かいました。

ついたらすぐに立会い出産に向けての手続き。
ドキドキと自分の心臓の音がうるさかったですね。
分娩室に行ったらもう準備が始まっていて、すぐに奥さんにお茶を飲ませて手を握ってました。
(テニスボールは買ったけど使わなかったですw)
頑張れと手を握り、陣痛の合間に汗を拭いてあげてお茶をあげて。
・・・
ただ産まれてくるその瞬間を見守っていました。
・・
「もう頭見えてきたよ!次でながーく頑張ってみようね!」
・・
・・・
気が付いたら頭がひょこっと出てきて

無事に産まれましたーー!!
9月12日土曜日13時45分に元気な女の子が産まれました!
1週間遅れで3316グラムでした。(私よりも100g大きかったみたいです)


産まれて2日目で色も肌のハリもすっかり良くなってきて、1日1日の成長が早いなぁ・・・
と感じていますw
コロナの影響もあって父親は病院へ行けないので、退院日まではもうちょっと我慢。。。

早く会いたいなぁ~


これからますます頑張らねば!と思った田中でした。
CLOSE